2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マスリート様の再臨を願う

1 :bib:2007/01/11(木) 18:49:52 ID:r9uyuh1I
スポーツ競技のために筋肉トレーニングによってむきむきに鍛え上げられたアスリート達の美しい筋肉。
そんな筋肉に欲情してしまうならば、あなたは失われた「マスリート白書」を読むべきだ。
そこには「筋肉が筋肉を犯す」という一貫した「筋肉哲学」が貫かれている。今ここにその幻の文書が蘇る!

われわれに筋肉のすばらしさを教え、脳に刷り込み、
トレーニングせずにはいられない肉体を残し去っていったマスリート。
そのマスリート様の再臨を希うスレッド。

2 :bib:2007/01/11(木) 18:52:15 ID:r9uyuh1I
その後、『マスリート外典』なるサイトも登場したものの、
すぐに消滅(?)した模様。

3 :bib:2007/01/11(木) 23:58:46 ID:m4FBDqdU
スポーツ選手の躍動感あふれる肉体に興味を抱いてしまった。
そのような人を救済すべく、マスリート様は筋肉哲学を唱えた。

4 :禁断の名無しさん:2007/01/12(金) 00:01:33 ID:HEh9Yp31
リアル・マスリート様の降臨を切に望むものだ

5 :bib:2007/01/12(金) 12:17:52 ID:y3AhUKl0
マスリート様よりいただいたメールを紹介したい。

「筋肉」をまとうということ、すなわち「受肉」こそ、
「変身願望」の行き付く究極なのだ。
ごくごくわずかの例外があるにしても、「スーパーヒーロー」で立派な「筋肉」を
もたないものがあろうか。
そうだ、どんなコスチュームを着用するにせよ、
「受肉」が基礎となるべきはずだ。
だから「マスリート白書」における「肉奴隷」達は、
「筋肉勃起」させられた上で、「マッスルスーツ」によって扱き上げられるのだ。
そうであってこそ、満たされない「変身願望」からくるルサンチマンを
最大限に解放することができるのだ。これを事実として受け入れない者は、
「筋肉哲学」の深遠な哲理を理解できないのだ。


6 :bib:2007/01/15(月) 12:22:20 ID:3OJC91y2
肉体への欲求を満たすには、
マスリート様の恩寵をうけるしかない。

7 :禁断の名無しさん:2007/01/22(月) 22:58:18 ID:dgRF8+nf
マスリート様はどこに行っちゃったんでしょう?帰ってきてほしいです!

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)